神戸市東灘区のメンタルクリニック

Web予約
友達追加
疾患一覧
マップ・診療時間
よくある質問

不安障害(不安症)

不安障害(パニック障害、強迫性障害、不安神経症)

動悸がする、息苦しい、お腹が痛い、吐き気がする、離人感(幽体離脱するかのような感覚)、どうにかなってしまいそうな恐怖、などを感じて何回も医療機関を受診しているが、「何も問題がない」と言われている方。
その症状が1時間も続かないのであれば、パニック発作かもしれません。

パニック発作は社交不安症(人前で話したり食事したりする時に緊張や不安が強すぎる方)や、PTSD、限局性不安症(いわゆる◯◯恐怖症(例えば高所恐怖症))、などでも起こります。きっかけがはっきりしていたり、以前経験した強い恐怖の経験があればそれらを疑いますが、なんのきっかけもなくいつパニックになるかわからない、という方はパニック障害という診断になるかもしれません。

また、手が汚れていないか不安で何度も繰り返し手を洗い続けてしまう、や、鍵を閉めたか不安で、何度もカギの閉め忘れを確認してしまう、などの症状は強迫性障害かもしれません。

それ以外にも、いつも不安でいっぱい、めまいやふるえが起こる、など不安に伴う症状は非常に様々な出方をします。気になることがあればお気軽にご相談ください。

PAGE TOP